老人ホームは慎重に探そう|施設の特徴を知ることが大切

ソフトで訪問介護を支援

笑顔の人

国保連にソフトで請求する

以前は一回ごとの介護実績を紙に記録して集計をすることで国保連への請求をしていたという訪問介護事業所もあるかと思います。しかし今では何らかの訪問介護ソフトを導入することが一般的となっています。訪問介護ソフトレイアウトや色こそ違っていても、実際に使ってみないことにはそれぞれの開発の意図や使い勝手を理解するのが難しい面があります。しかし事業所の経営状態に合った訪問介護ソフトを導入することができると、作業がとても円滑になり、これまでかかっていた事務の時間を大幅に短縮することができます。訪問介護ソフトを用いることで国保連への介護報酬の請求がスムーズになると、たとえソフトの費用が発生するようになったとしても事務にかかりっきりの人材を減らすことができるというメリットがあります。訪問介護を行う各人がそれぞれ支援活動を終えてすぐにその場でスマホやタブレットから訪問介護ソフトにアクセスすることで、これまでのように紙に書き残した支援実績を再度入力し直すという手間が省けます。また利用者にとっては毎月の介護実績が累積していくので、今後のケアプランを立てやすくなります。また介護実績が残ることで介護スタッフの給料にスムーズに反映させることもできます。なかなか事業所に訪問介護ソフトの使い方に詳しい方がいないということもあるので、訪問介護ソフトの導入後も電話やメールなどですぐにサポートをする体勢にあるシステム会社の訪問介護ソフトを導入しておくとよいでしょう。